2019年オススメのASPは〇〇アフィリエイト! ➥詳細記事をチェックする

Googleサーチコンソールの使い方|ブログ初心者向け

GoogleSearchConsoleこれだけ覚えればOK

Googleサーチコンソールで、ブログ初心者が最低限使いこなす必要があるものだけを、解説します。

ブログを始めたての頃は、やることが多くて、どれもこれもやらなくては状態が続きますよね。それでは頭がパンクしてしまいます。

私は毎日知恵熱出してました。。

そこで、今回はGoogleサーチコンソールで最低限すぐに覚える、設定する必要があるものだけを抜粋して紹介します。

GoogleSearchConsoleとは

旧ウェブマスターツールです。昔からブログやっている方は、こちらの呼び名の方が馴染みがあると思います。

ここ数年でブログを始めた方には、あまり馴染みがないかましれません。今では名前はGoogleSearchConsole(グーグルサーチコンソール)として広く認知されています。

これからブログを始める方は気にしなくて大丈夫です。ではGoogleサーチコンソールとは何か?Googleサーチコンソールで出来ることは具体的にどんなことができるかをご説明します。

これから話すことは、どれもブログを始めたら必修の物ばかりです。Googleサーチコンソールを使いこなすことは、最低限のSEO対策にもなるので、覚えておきたいところです。

以下の項目で1個づつ簡単に説明していきます。

Googleに自分のサイトの存在をアピールできる

ウェブサイトは、クローラと呼ばれる機会がwebページを徘徊して、そのブログの評価や、ブログの存在を確認して、その確認した記事をindexします。

その評価や、記事の存在を確認してくれるクローラーに、自分のサイトの存在を、いち早く伝えることができます。

伝えることで、indexを促すことができるのです。

MEMO
indexとはGoogleなどの検索エンジンに表示されること。indexされなければ、Googleなどからの検索流入が、まったく見込めません。

サイトに問題があればGoogleが教えてくれる

Googleの規約違反のサイトがあれば、違反してますよ〜と通知がきます。

サイトになんらかの問題があればエラー表示で教えてくれます。
その詳細も、そこに載せてくれます。

検索順位を下げないためには、常に問題かないサイトを維持しなければいけません。

定期的にGoogleサーチコンソールを利用するだけで、こういった問題にすぐ気づくことができます。

記事1つ1つのURL検査ができる

記事を投稿しましたら、その投稿したばかりの記事を、GoogleサーチコンソールでURL検査をすることができます。

URL検査とは、その記事に問題がないかチェックすることが、できます。問題があればエラー表示で、その詳細も教えてくれます。
その記事のindexを即時に要請することもできます。また、モバイルフレンドリーであるかの検査もできます。

近年Googleさんは、モバイルフレンドリーであるかを、重要視しています。いかにモバイルで見やすいサイトを作ることが、SEO対策にもなります。

サイトマップが送信できる

これは、絶対やっておくべきことです。サイトマップとは、私のサイトは、こんな構造で、こんなことを書いてて、こんな感じです〜といったことを表した物です。

これがあると、クローラーもあなたのサイトを見つけやすくなります。
クローラーがあなたのサイトを前もって把握することになり、スムーズに隅々までサイトを見てもらえやすくなり、index漏れが減ります。

Googleサーチコンソールその他の機能

あなたの記事が、どのようなキーワード(検索ワード)から、流入したかが(来られたかが)わかります。

これを利用することで、SEO対策にもなるので、使いこなしたい機能と言われています。

Googleサーチコンソールの登録方法

まずはGoogleにログイン。その中のツール、GoogleSearchConsoleにログイン。

すると「GoogleSearchConsoleへようこそ」と画面にでます。

注意
ご自身のサイトのURLを入力、httpsとhttpの間違いをしてしまわないように注意
  • URLを入力後➡プロパティ追加をクリック

するとこの画面が表示されます。

GoogleSearchConsoleHTMLファイルで紐ずける画面

所有権確認の画面になります。オススメの確認方法とその他の確認方法を選択できます。ここでは、私が行ったその他の方法を紹介します。

その他の方法を選びますと

所有権の確認その他の方法

4つの方法が提示されます。

その中のHTMLタグを選択

ヘッダー入力タグ画面

赤枠の部分のメタタグをコピー

このページを開いたままにして、次はこのコピーしたタグを貼り付けるためのブログの編集画面を開きます。

まずはWordPressの管理画面を開きます。左側の項目の外観を探します。

ワードプレスダッシュボード

外観をクリック

テーマエディタをクリック

ワードプレスのテーマヘッダー画面

右側のテーマファイルの欄の中のテーマヘッダー(header.php)を選択します。するとこのような画面がでます。

テーマヘッダー編集画面

先ほどGoogleサーチコンソールでコピーしたメタタグを指示の通りにヘッダー内の1つ目のbodyの前の</head>の直前に貼り付けます。

注意
念のために貼りつける前に、ヘッダーの内容をコピーしてメモ張にでも貼り付けて保存して置けば安心です。

ファイルを更新しましたら、開いたままにしていたGoogleサーチコンソールに戻り「確認」をクリックします。

所有権が確認できましたと画面に出ましたら登録完了です。

ブログ初心者がGoogleサーチコンソールでやるべきこと

私的最低限Googleサーチコンソールでやるべきことを2つだけ紹介します。下記の2つです。

  • サイトマップの登録
  • UPした記事のURL検査をしてインデックスの申請をする

サイトマップの作り方・登録の仕方

まずは、GoogleSearchConsoleにログイン。

サイトマップを作って、サイトマップをGoogleに送信しましょう。

WordPressお使いの方は、「Google XML Sitemaps」と言うプラグインを使うことが一番簡単なので推奨します。

ますはGoogle XML Sitemapsのプラグインを取得します。

ワードプレスダッシュボードプラグイン選択画面

WordPressの編集画面の左側の

プラグインをクリック

プラグイン新規追加画面

上にある新規追加を選択

Gプラグインoogle XML Sitemapsを検索

①の所でGoogle XML Sitemapsと入力

今すぐインストールをクリック

有効表示➡有効化をクリック

これでGoogle XML Sitemapsのインストールが出来ました。プラグイン画面を開いて確認してGoogle XML Sitemapsが確認できれば完了です。

サイトマップはどこにあるの??

こちらにあります。

Google XML Sitemapsプラグイン画面

設定を選択

Google XML SitemapsURLの場所

赤枠の箇所の「あなたのサイトマップのインデックスファイルURL」の下のURLをクリック

サイトマップ

このような画面がでます。

これがサイトマップです。

URLを見てみて下さい。https://あなたのドメイン/sitemap.xmlと出ていると思います。これがサイトマップのURLです。

それではこの作成したサイトマップのURLをGoogleサーチコンソールに登録しましょう。

Googleサーチコンソールにアクセスします。

Googleサーチコンソール サイトマップ画面

サイトマップをクリック

②サイトマップの追加に/sitemap.xmlと入力

問題がなければ、しばらくすると登録が反映されます。以上でサイトマップの登録が完了です。

これで作ってまもないサイトでも、検索エンジンに認知されるようになります。

UPした記事のURL検査をしてインデックスの申請をする

記事を投稿したら、その記事のURL検査をして、index申請をしよう

ブログを始めたばかりの頃は、なかなか書いた記事がすぐにインデックスはされません。

書いた記事を検索エンジンで検索しても出てこない時は、GoogleサーチコンソールのURL検査機能を使って、indexを促すことができます。

以下の方法で簡単にできます。

Googleサーチコンソール URL検査選択する画面

URL検査をクリック

OR

上の虫眼鏡の箇所に直接、記事のURLを入力

URL検査画面

このような画面が表示されます。

インデックス登録をリクエストをクリックで完了です。これで少し待つとGoogleにインデックスされます。

MEMO
「URLはGoogleに登録されています」と、でない場合は右上の公開URLを検査を押してみてください。解決できると思います。

また、モバイルユーザビリティ、このページはモバイルフレンドりですと出ない場合は、詳細をクリックして改善することを推奨します。

改善がSEO対策になります。

Googleサーチコンソールの使い方まとめ

新しくなった最新のGoogleサーチコンソールのブログ初心者が最低限使うべきことを説明しました。ブログ始めたてで大変かと思いますが、これだけはやっておくべきことだけに絞って説明してきました。

主にサイトマップの登録、URL検査ですね。この2つがマスターできましたら、どのような検索ワードでサイトに訪問しているかなどのチェックをして、ちゃんと狙ったキーワードで訪問しているか見てみるのもオススメです。

他にはインデックスするだけではなく削除申請も出せますので、そのことを覚えといて下さい。意図せずに価値の低いページがインデックスされてしまった時に使えます。

ぜひGoogleサーチコンソールを、マスターして活用して下さい。