2019年オススメのASPは〇〇アフィリエイト! ➥詳細記事をチェックする

WordPressのブロックエディタを旧エディタに戻す方法

Qワードプレスデビューしたんだけど、記事書きずらいんですけど、Aブロックエディタは使いづらいので旧エディタに変えましょう

WordPress5.0以降にWordPressを始めた方は、何も設定しないと記事の編集画面はブロックエディタになっています。

しかし、これがものすごい使いづらいんです。これは私だけでなく多くの方が使いづらいと言っています。

そこで旧エディタに戻す方法を紹介致します。方法はプラグインClassic Editorを使うだけで簡単に戻せます。

それではやり方などを、WordPressをインスールしたばかりの人でもわかるように詳しく説明していきます。

まずはWordPressの記事画面を開いて下さい。

ワードプレスTOP画面の投稿新規追加画面

投稿新規追加click

ブロックエディタ編集画面

これがブロックエディタ記事編集画面

この画面初めて開いた方は記事少し書いてみて下さい。使いづらいと感じた方は私と同じです。多数派です。

もう先に開いて使った方もわかると思いますが、「記事すごく書きにくいんだが…」と、絶望した方もいるかもしれません。

WordPress5.0以降は、このブッロックエディタが標準装備されています。通称「Gutenberg」と言われています。要はこの記事画面しか標準では用意されてないんです。

私は冷や汗が出ました。w

こんなの私には使いこなせる気がしないと思いました、、、

そこで、WordPress.5.0以前に使われていた旧エディタに戻す方法を、ご紹介します。

昔からブログを運営している方の9割は旧エディタに戻して記事を書いていると思われます。

標準装備のブロックエディタを使ってみて、問題なさそうな方は、そのままお使い下さい。

旧エディタに戻すにはプラグインのClassic Editorを使うだけです。

さあ、使い慣れた旧エディタに戻しますよ~!

その前に旧エディタの編集画面はどんな物か先にお見せします。こちらの画面です。

旧エディタ画面

旧エディタ記事編集画面

ビジュアルエディタとテキストエディタに切り替えれるパターンの編集画面ですね。

これからこの画面を使えるようにしていきます。

まずはWordPress編集画面の左下らへんにあるプラグインを押して下さい。

プラグイン新規追加画面

プラグイン新規追加を選択

 

クラシックエディタ検索画面

画面右上Classic Editorと入力

今すぐインストールを選択

クラシックエディタ有効化

有効化を選択

これであの使いずらい記事編集画面から、おさらばできました。確認のため記事画面を開いてみましょう。

記事編集画面

この画面が表示されれば、しっかり出来てきます。ツールや、スタイルの中身だったりは、テーマによって、それぞれ違います。

有料テーマ何かは、簡単に使えるように、使い安く機能をプラスしてくれている物が多いです。

これで私的には、とても使い安い記事編集画面に戻せました。めでたしめでたしです。

ここでもう一つ有益な情報をご紹介しておきますね。

戻るボタンはどこ?

お気づきの方いると思いますが、戻るボタンがついていないんです!不便ですよね。それくらい最初から付けてくれてもいいと思うんですがね…

MEMO
戻るボタンとは、文字に装飾してみたけどやっぱり、何か違うってなった時に装飾する前に戻すアレです。

戻るボタンはこちらの記事を読めば簡単に付けれます。簡単なので「戻るボタン」の実装を強くオススメします。

記事編集画面の戻るボタンTinyMCE Advancedで「戻るボタン」を使えるようにする