2020年オススメのASPは〇〇アフィリエイト! ➥詳細記事をチェックする

Contact Form 7|簡単に「お問い合わせ」が設置できるプラグイン

お問い合わせが簡単に設置できるプラグインはありますか?Contactform7がオススメです。

お問い合わせフォームが簡単に作れるプラグインContact Form 7を紹介します。

Contact Form 7をインストール記事はよく見かけますが、その後のサイトに載せる作業もスムーズにできるように、実際に、このプラグインで作ったお問い合わせをフッターに表示させる手順までを説明いたします。

最短で使えるように細かい説明は一切しません。簡単にすぐ実装できます。(ユーザーファーストです)

Contact Form 7は問い合わせを作るプラグインでは一番人気があり、使用者が多いプラグインです。簡単に誰でも、使えます。それでは早速Contact Form 7をインストールの仕方から説明していきます。

Contact Form 7をインストールする

まずはWordPressのダッシュボードを開いて下さい。

ワードプレスプラグインの場所

プラグイン新規追加

Contact Form 7検索インストール

右上の検索窓でContact Form 7と入力

Contact Form 7が表示されるので

今すぐインストールをクリック

Contact Form 7有効化クリック

有効化をクリック

お疲れ様です、これでContact Form 7のインストール完了です。

MEMO
初期設定では問い合わせのメールはWordPressに登録しているメールアドレス宛に送られてきます。変えたい場合はお問い合わせコンタクトフォームメールで、このメール画面で設定が変えられます。

Contact Form 7で作った「お問い合わせ」の使い方

これまでの作業でお問い合わせは作れています。ここからは実際にサイトにお問い合わせを貼る使用例を、紹介します。

今回はフッターにお問い合わせを設置します。同じ手順でプライバシーポリシーもフッターに貼り付けることもできます。私のサイトを見て貰えれば分かりますが、この2つをフッターに設置しています。

MEMO
フッターとは、サイトの一番下(最後)に表示されるページです。

まずはWordPressのダッシュボードの左側の項目の

お問い合わせショートコードのある場所

お問い合わせを選択

ショートコードをコピー

次に固定ページにお問い合わせページを作ります。

固定ページのある場所

固定ページ新規追加

固定記事にお問い合わせを

タイトルは上の赤枠のように、お問い合わせでも、お問い合わせフォームでもお好きなタイトルを入力。記事の文章を書く所に先ほどコピーしたショートコードを入力。

プレビューで確認してみて下さい。お問い合わせページが表示されていると思います。

確認できたら記事を更新をクリック。これで固定記事にお問い合わせフォームが設置できました。

※固定ページは何もしなければサイトに表示されることはありません。

お問い合わせをフッターに表示させる

次にこの固定ページに作ったお問い合わせフォームを、フッターに表示させます。

お問い合わせフォームをサイトのフッターにのせるには外観、メニュー

外観メニューをクリック

メニュー画面

メニュー名はフッターメニューを選択

メニューを作成をクリック

お問い合わせ追加

お問い合わせに✅

メニューに追加をクリック

フッター編集画面

お問い合わせが追加されてのを確認

フッターメニューを✅

メニューを保存をクリック

以上の作業でフッターに、お問い合わせが設置出来ました。ご自身のサイトを確認してみて下さい。

また、プライバシーポリシー設置がまだの方は同じように設置をオススメします。

フッターを選択せずに他の項目を選択すれば、ヘッダーなどのお好きな所にも同じ手順で設置できるので、お試し下さい。