2019年オススメのASPは〇〇アフィリエイト! ➥詳細記事をチェックする

【漫画】騒音お姉さんと僕の300日戦争+騒音・近隣トラブルの被害の対処方法解説

漫画「騒音お姉さんと僕の300日戦争」 YouTube動画より

みなさんは騒音の被害に、あわれたことがありますでしょうか?

このブログをUPする今日は3月なので、これから始めて1人暮らしをされる方も多いのではないでしょうか。

ご入学や、新社会人の皆さま騒音の被害には、お気を付けください。
私は一人暮らし歴10年以上でして、引っ越し経験も10回をしておりまして、今までに色々なご近所トラブル、騒音を経験してきました。

そこで得た経験や、周りの経験談の話を聞き、実話に近い内容の漫画を製作しました。
これは大げさではなく、普通に起こりうることを漫画化しております。

基本的には騒音の被害にあった場合はどうすればいいのかと言いますと・・・・
その前にこちらの漫画をみて見て下さい。

どうでしたか??
見て頂けましたか!?

この主人公みたくなる前に!w

素早い対応を心がけることを推奨いたします。

騒音の被害にあった場合の最大の対処方法は、最短で引っ越しをすることです。

基本的に人間は、そう簡単に変わりません。
なのでこの漫画の主人公みたくなる前に、すぐに引っ越しをすることです。

しかしながらそんなに簡単には引っ越せないよって意見がほとんどでしょう。
それでもこのマンガの主人公みたくなる前に引っ越しを私はすすめます。
しかしどうしても引っ越せないと言う方には、まずやるべきことを、お伝えいたします。

①一番最初にまずやることは隣の部屋がうるさいと思ったら、すぐに管理会社に連絡すること。

この漫画のように、仕返しなどは、絶対に考えてはいけません。
自分で注意しにいくのも絶対ダメです。昔ならそれで良かったかもしれませんが、
今はご近所付き合いの考えがないのが当たり前の時代です。

そんな状態で直接注意したところで、成功率は高くはありません。危険な行動でもあります。
逆に恨みをかわれ何をされるかわからない世の中です。
今後悪化することがほとんどです。

正しい手順でいきましょう!

まず管理会社に言いましたら、その管理会社にもよりますが、いい管理会社にあたると
こんな感じでうまいことをやってくれます。

まず、すぐに騒音のうるさい部屋を電話で注意してくれる。
その時にこのようにいってくれます。

『多方面から苦情の電話がきています。隣の部屋の方や、下の部屋の方から何人かからクレームがきております』

このような感じで伝えてくれます。

これだと、特定の人物ではなく、複数人となるので、仕返しなどがおきにくくなり、管理会社の、ナイスな注意です。
そして、静かになるまで、何度も何度も電話してくれます。

本人が言うことをそれでも聞かなければ、連帯保証人にまで連絡してくれます。
だいたい騒ぐのは若い子や、学生が多いので、高確率で連帯保証人が、親御さんである可能性が高いので、効果大です。

なのでこのことからも、内気な方などは、もしかしますと管理会社に電話するのは気が引けるかもしれませんが、まずは絶対することを、推奨します。

②1をやってもダメだった場合

もうその隣の住人はモンスターです。
もお何をやっても無駄な可能性が高いです。
一刻も早く引っ越してください。

③引っ越し先では、騒音の対策がしっかりされている部屋に引っ越しましょう

木造や壁の薄いマンションはダメです。
最も防音性の高いのは鉄筋コンクリートです。
たくさんの骨組みの中にコンクリートを流しているので壁の密度が一番高く
遮音性は一番高いです。

普段の生活音が隣から聞こえることはあまりないでしょう。
音に敏感な方はこちらを絶対におすすめします。
それとは正反対なのが木造建築です!
音に敏感な方は絶対に選んではいけません。

私も過去に住んだことがありますが、足音や、食器の音や携帯のバイブ音、話し声、
もう最悪でした。

生活リズムもお隣さんと違いましたので、眠れない毎日でした。
みなさん気を付けてください。
私の二の舞にならないように。

最後にもう一つ鉄骨構造があります。
ちょうど真ん中にあたります。
ただ鉄骨構造にも、種類があるので、遮断性が高いのか低いのか、住む前に確認しておくと安心です。

しかし鉄筋コンクリートでも騒音の被害に絶対合わないわけではありません。
小さい子供がドタバタジャンプなどすれば、鉄筋コンクリートでも音はもちろん響きます。

完全に防ぐ手立てはありません。なので確率をいかに減らすかが私は大事だと思います。
限りなく0に近づけましょう!

以上が私の経験談を元に騒音について調べて実践した結果得た知識です。
今は平穏な快適ライフを過ごしています。
みなさまが快適な日々をすごせることを願っております。

当ブログでは漫画動画を載せております。
他にもこのような漫画をたくさん書いています。
ぜひ他の漫画も見てみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です